Web掲載読み切り漫画 (2020年)


2020年にWeb上に掲載された読み切り漫画の感想まとめ。ラインナップは以下の通り。

Sponsored Link

  • 辻一「ドラマティック・ドール」
  • 江口侑輝「行き届いた会話」

作品毎の感想

辻一 - ドラマティック・ドール

https://comic-days.com/episode/13933686331672583442

【アフタヌーン四季賞2019秋 準入選】役者の夢を断念、美女カヤコの部屋に転がり込むことになったヒロイン。自分そっくりなカヤコの初恋の人シズクを演じ、深くなる2人の関係は!?

素晴らしかった……!ビターながら希望のあるラストが凄く良い。百合だけど確かにアフタヌーン四季賞だなこれ。終盤のあのシーンで「役者設定こういうふうに使うのか……!」って鳥肌立った。設定や起承転結の構成がしっかりしている話は本当にいいな。

辻一(つじはじめ)先生、普段は「川内」名義で缶乃先生(「あのキス」等)とねが先生(「カワイイとサヨナラ」等)と一緒に創作百合サークルで活躍しているそう。商業でも描かないかな……。

Sponsored Link

江口侑輝 - 行き届いた会話

https://comic-days.com/episode/13933686331737140841

【2020年後期・第83回ちばてつや賞ヤング部門】大賞 。SF×百合テーマ。人工知能が技術的特異点(シンギュラリティ)に到達した社会の話であるが、内容は現代とほとんど変わらない少し先の未来を書いている。

SFはやっぱり技術の出現によって翻弄される人間や社会を書いてこそだなぁ、と思わせる作品。SF要素って意地悪く言ってしまえば「嘘」なんだけど、本作が付いているその嘘は「人工知能が非常に発達して、AIが個人をさも本人であるかのように模倣できるようになった」という一点のみ。他は現在の日本とほとんど変わらない。だから現代的なテーマを描く力があると思うんだな。

https://rookie.shonenjump.com/series/FlR8CfEII2Q

余談ながらGoogle検索でタイトルを調べたときおそらくパイロット版と思われる作品を見つけた。タイトル同じ、プロット同じ、作者名eguchi……。発表2016年10月だから、ちばてつや賞に出したのは4年前に描いたこの作品のリメイクなんだろうな。

追記:2021年1月頃から掲載がなくなってしまったらしい。う~ん残念。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。