ファイナルファンタジー1 ピクセルリマスター (Final Fanstasy 1 Pixel Remaster)

日本で最も有名なRPGのひとつ『ファイナルファンタジー』シリーズで2Dドットで表現されていた1から6までを一斉にリマスターするピクセルリマスターシリーズの1作目。オリジナルの発売は1987年。

続きを読む ファイナルファンタジー1 ピクセルリマスター (Final Fanstasy 1 Pixel Remaster)

FYRE: 夢に終わった史上最高のパーティー

現代の「本当に有った怖い話」。実業家マクファーランドが夢の豪華フェス『FYREフェスティバル』をぶち上げるも惨憺たる有様に終わってしまった実話を扱う。ロジスティクスの軽視、イメージ先行で進むことの危うさ等、現代の寓話とでも言うべき示唆に満ちている。

続きを読む FYRE: 夢に終わった史上最高のパーティー

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン – 富野由悠季

1988年刊。劇場アニメ版と大筋は同じだが、製作委員会に難色を示された為に無くなってしまった「アムロとベルトーチカの子供」に由来する描写が最大の特徴。

続きを読む 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン – 富野由悠季

バットマン:キリングジョーク – アラン・ムーア

何もかもジョークなんだよ…みんなが大仰に崇め奉っているものも、後生大事に戦い守っているモノも…すべては桁外れにバカげたジョークさ

だったらそいつを楽しみゃいいだろ?なのに…
おめぇはなぜ笑わねぇんだ?

1988年、アラン・ムーア作。50ページも無い短編であるにも関わらず、本作以降のバットマンとジョーカーの解釈におそらくもっとも強い影響を与えている。

続きを読む バットマン:キリングジョーク – アラン・ムーア

ドゥームズデイ・クロック – ジェフ・ジョーンズ

アメコミ界を以前/以後で切り分けるほどの影響を与えた伝説的作品『ウォッチメン』の続編に当たる。とはいうものの前作のような読者に高いIQを求める内容ではなく、DCキャラクターを使ったクロスオーバーとして読むべき作品である。

続きを読む ドゥームズデイ・クロック – ジェフ・ジョーンズ