ロンリーガールに逆らえない – 樫風


通称「ロンガル」。今時珍しい位の王道中の王道の百合作品で、百合漫画大賞2021の1位に輝いた。まさか1位になると思っていなかったので「自分も好きだけどこんなに人気だったの!?」ってなった。

桜井彩花は文武両道な優等生。しかし、本番に弱いという弱点から、高校受験では志望校には受からなかった。
事情を知る担任教師と「不登校の生徒・本田空を説得する代わりに、好きな進学先を推薦する」という秘密の約束をした彼女だったが、肝心の説得相手である空にその約束がバレてしまう。空は「毎日一つお願いを聞いてくれたら、黙って学校に来てあげる」と言い、突然彩花にキスをして…。

うかつな委員長とアンニュイ問題児、二人の秘密な青春ラブコメディ! - 一迅社

1巻表紙のキャッチーさが素晴らしい。タイトルと合わせて百合漫画であることとどういう内容なのかすぐに分かる。百合厨に至っては見た瞬間に「コレあれでしょ?左の子が責めてるはずなのに右の子の天然ムーブで撃沈するヤツでしょ?」って理解(ワカ)るもんな。

Sponsored Link

「お願い」設定、普通エッチな展開にスピーディに入る理由付けの設定に見えるのに、そういうことはしない本田さんなのであった。掲載雑誌の『百合姫』はここ数年セックス描写のある作品が増えてきたのだが、それと対照的だ。「同級生の女の子に求められる」という部分が共通してるのに、同じ百合姫掲載の『きたない君がいちばんかわいい』(記事)との落差がありすぎて笑ってしまう。

案の定、本田さんが撃沈して「桜井さんはずるいよ」って言ったときの読者の「「「ほんまにそうやね」」」」のシンクロ感いいよね。桜井さんの天然ムーブは描かれてないだけで周りの色んな娘刺して『予備軍』量産してるんじゃないか疑惑ある。桜井さんが悪いんだよ……?

しかしこのキャラデザで、いかにもどんくさそうな桜井さんが文武両道で、孤高の天才感ある本田さんが案外普通の子なのが意外だ。一方でなんか家庭環境分かってくると急に妙なリアル感あるなって感じる。空ちゃんは不良じゃなくて不登校で、「お願い」はヨスガなんだよなぁ。

Sponsored Link

とは書いたもののそういうことは気にせず「んあぁ!じれったいなぁ!」のバランスのままゆっくり話進んで、気ぶりじじいを通り越して親心の心境になれる素敵な作品だ。そういうじっくり描く内容なので「頼む!2巻乙にはならないでくれ!」と願っていたのであるが無事それを通り越した。

で、通り越したどころか最近『百合ナビ』さんとこでやってる百合漫画大賞2021の第1位に輝いたのであった(ので前からどっかで書こうと思ってた記事を書いたわけだ)。私の心配は一体何だったのか……?でもさぁ、そろそろ2巻分溜まる頃かな……ってときに「これどう考えても話締めに来てるよね」ってなって『ひぐらしのなく頃に』終盤のキャラみたいにグギギ状態になったの1回や2回じゃないんだよな……。

余談なんだけど「人気のある百合作品は専門誌の百合姫とは別の普通の漫画雑誌に載ってる!」みたいな意見を時々聞くんだけど、百合大賞の結果見るたびに「いや普通に百合姫が最強じゃん……」ってなる。本作も、なんだかんだ言ってこういう作品が普通に最強なのかもね。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。