新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別編


1998年放映。新機動戦記ガンダムWの続編OVAに追加シーンを加えて編纂した作品。滅茶苦茶とっちらかっていたTV本編と違ってガンダムWのテーマが総括されるような完成度がある。

Sponsored Link

A.C.196年、クリスマスイブ。リリーナ・ドーリアンは外交訪問中のL-3 X18999コロニーで拉致され、一人の少女に出会う。少女の名はマリーメイア。 先年死去した世界国家の元首でOZ総帥を務めたトレーズ・クシュリナーダを父に持 つという。少女が父の覇権を継ぎ新たなる戦いを宣言したその頃、ヒイロ、デュオは 独自のルートでX18999コロニーへの潜入を果たす。が、2人の前に敵となった 五飛とトロワが立ち塞がった! - サンライズ

閃光のハサウェイ映画版放映のプロモーションで毎週土曜日にガンダム作品のYouTube公開を行っているが今回は本作。TV版は視聴済み(記事)。しかしGW(ゴールデンウィーク)にGW(ガンダムウイング)やるなんて狙ってるとしか思えない。世間はGWだってのに働き者はいたもんだ!

OVAでは潜入したコロニーで五飛登場までが1巻、TWO-MIXの名曲まで2巻、以降3巻なんだとか。2巻までガンダムの活躍がほとんどないって凄い構成だ。多分キャラクターの人気が無いと企画通んなかったよねこれ。オペレーションメテオ回想で各ガンダムパイロットの掘り下げがあるのがいかにもって感じだ。これもいいんだけどTV版でやるはずだったのに監督交代他のゴタゴタで結局出来なかった過去編映像化すべきだったよなぁと未だに思う。

幸い過去編は『episode zero』という漫画化で見ることが出来る。特に五飛の奥さんの話は必見でこの辺のバックボーン知られてなかったりスパロボで悪ノリ気味な展開やったおかげで、五飛がネタ扱いされてるの未だに納得いかないんだよな。ノベンタ元帥暗殺への誘導に唯一騙されなかった賢いインテリなんだけどね彼。

作中でのヒイロと五飛の舌戦は両者のナイーブな面を見られる印象的なシーンである。正義にこだわっていた五飛が「(それなら)自分が悪になる!」ってハッキリ発言してるんだな。なんか意外だけど「戦後における兵士」というテーマでメタルギアのアウターヘブンを想起してしまった。対するヒイロも思いのほか内心を吐露していてこんなふうに後悔を口にするんだなぁって。

最終戦でボス戦らしいボス戦がなくモブ相手の負け戦っていうのがそんなナイーブなWらしくていい。そもそもガンダムは元々捨てるはずだったのを回収して整備する時間もない機体で、加えて不殺を貫く制限付きの戦い。ガンダム廃棄に使った資源衛星は実はビルゴがいっぱい載ってるので使ったら楽勝なんだけど、それでは「第2のゼクスやミリアルドを産むだけ」なんだよな。ところでここでのヘビーアームズの動き、コロニーでのサーペントの動きと全然違いません?なんでデュオはあれトロワって分かったの?

Sponsored Link

結局ガンダムチームは勝ってなくて、平和を勝ち取るのは民衆っていうのはなんか『七人の侍』を想起させるラストだ。ドロシーの演説はOVA版では無かった追加シーンらしいんだけどシリーズを総括するような主張で凄い重要だよね(ドロシー「仕方有りませんわねぇ!」→あったよ!トレーラー!でちょっと笑ってしまったけど)。

主役機のウイングガンダムゼロカスタムがナタクに苦戦した後、ツインバスターライフル3発撃った後ボコボコにされるだけなのも凄い。そのおかげかツインバスターライフル構えてるシーンは「これ親の顔より見たぞ」ってくらい見覚え有る。ハッキリとした活躍がこれくらいで無双的なシーンに至っては一切ないんだな。Wってガンダムをボコボコにしないと気が済まないし、そんな状態にされたのにちゃんと生きてるヒイロはとっても『新機動戦記ガンダムW』だ。

当時は大人に騙された哀れな子供くらいの印象だったマリーメイア、今見ると完全に「ツインバスターライフルで分からせたいメスガキ」だな。マリーメイア「シェ、シェルターですのよ!」→ライフル(ドォン!ドォン!ドォン!)→マリーメイア「ヒッ!」いいよね。せっかく攫ってきたリリーナ様は「ヒイロが信念の元に撃ってくるとか冥利に尽きる」ばりの態度だし、キチガイだらけのガンダムW世界でマトモな感性持ってると大変だ。

「MSは完全に撤廃されて、以後戦闘のためのMSは現れませんでした」っていう終わり方はガンダムでも例を見ないほどの平和エンドだ。そんなの無理でしょ!って言いたくなるが、Wに出てくるアフターコロニー市民の民意の高さ見ると案外そうでも無いのかも知れない。デキムを殺したのが名前の無いモブ兵士だったりするところがここに掛かってると思うんだよな。

なので本シリーズが終わることが出来ず、ここから派生作品が出てきたのはなんか哀しくなる。あんまりいい評判聞かないフローズンティアドロップでは「モビルスーツではありません!マーズスーツ!マーズスーツです!」とかになるらしい。やっぱりマリーメイアの言ってたエンドレスワルツじゃないですかー!やだー!


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。