admin のすべての投稿

キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー – エド・ブルベイカー

同タイトルの映画の原作であるが、色々と別物。死んだキャラクターがなんやかんやあって結局蘇る運命にあるアメコミ界において、スパイダーマンのベンおじさん、バットマンの二代目ロビン(ジェイソン・トッド)、そしてキャプテン・アメリカのバッキーの三人が長らく蘇らない三大キャラとされていた……のだが結局ベンおじさん以外の二人は今は元気に活躍している。そのうちの一人バッキーを蘇らせたのが本作。

続きを読む キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー – エド・ブルベイカー

アンダーテール (Undertale)

インディーズでありながら高い評価を受けてマルチプラットフォームに展開した作品。RPGと思いきや、弾幕シューティングをメインにいろんなゲーム要素が絡んでくるタイプのマルチメディア演出で、満載のメタ要素がファンを熱狂させた。

ネタバレ厳禁タイプの作品なので未プレイの方なら以下の本文は注意。

続きを読む アンダーテール (Undertale)

レズ風俗アンソロジー

かつての砂漠状態が信じられないくらい百合の供給が増え、百合アンソロジーも今年に入って10冊以上発行されるようになった昨今、多様化の為か凄いのが出てきた。どうしても同じようなパターンの作品になってしまいそうだが、テーマを守りつつバラエティに富んでいて感心する。

続きを読む レズ風俗アンソロジー

裏世界ピクニック1 ふたりの怪異探検ファイル – 宮澤伊織

「知ってる? 共犯者って、この世で最も親密な関係なんだって」

「ネット怪談×異世界探険」と題したSFサバイバルホラーだが、異世界を探検する女性コンビの百合描写にも力が入っている。コミュ障人見知り主人公の空魚(そらを)が相棒の鳥子へ送る湿度の高い視線、依存・執着を一人称でじっくり書くのが素晴らしい。根暗はやっぱりこうでなくっちゃ!

続きを読む 裏世界ピクニック1 ふたりの怪異探検ファイル – 宮澤伊織

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

1996年に発表された、伝説のアドベンチャーゲームと名高い作品。アドベンチャーゲームのシステムを可視化したAuto Diverge Mapping SystemことA.D.M.S(アダムス)と、アダムスにシームレスに繋がる設定・ストーリーの有機性が当時熱狂的に評価された。

以下の本文はネタバレ満載なので、未プレイの方であれば注意されたい。

続きを読む この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

ユリイカ2019年4月号 上遠野浩平特集

文学、思想などを広く扱う芸術総合誌ユリイカの2019年4月号で作家の上遠野浩平を特集している。20年前に発表されたデビュー作の「ブギーポップは笑わない」が、2019年初頭からアニメ化されたタイミングでの特集となる。多数の寄稿が掲載されており上遠野の対談も収録されている。

続きを読む ユリイカ2019年4月号 上遠野浩平特集

ブギーポップは笑わない (2019年アニメ)

1998年にデビューしライトノベル界に猛烈な影響を与えた上遠野浩平のデビュー作にして代表作のアニメ化。2000年に『ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom』なるタイトルで一度アニメ化された作品だが、それがほぼオリジナルの内容であるのに対して本作は原作のエピソードを映像化した作品である。

元々映像化の難しい作品でう~んとなることもあったのだが、「夜明けのブギーポップ」編が非常に良かったので、いいアニメ化だったという印象である。

続きを読む ブギーポップは笑わない (2019年アニメ)