スター・ウォーズ Episode9 スカイウォーカーの夜明け


EP7から続いた3部作のみならず、EP1から続いたスカイウォーカーシリーズ9部作の完結編となるスター・ウォーズ最新作。

そういうめでたい作品であるにも関わらず、前作の評判があまりにも悪かったために視聴者の最大公約数的な関心は「そこからどのように巻き返すのか」であった。映画史上最大とも言えるシリーズ、スター・ウォーズのシリーズ最終作に観客が向けた最大の注目点は「どのように敗戦処理をするか」だった……この事実にはもう、なんとも言えない……。

Sponsored Link

「スター・ウォーズ」の新たな3部作としてスタートした「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(2015)、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(17)に続く3部作の3作目。「スター・ウォーズ」サーガのエピソード9にあたり、1977年のシリーズ1作目から計9作品を通して語られてきたスカイウォーカー家の物語が完結する。

「フォースの覚醒」を手がけたJ・J・エイブラムスが再びメガホンをとり、主人公のレイを演じるデイジー・リドリーほか、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザックら3部作の主要キャラクターを演じてきたキャストが集結。 – 映画.com

エピソード8で大顰蹙を買った、シリーズの完結作である。もはやヤジウマに近い興味で見に行った。8でライアン・ジョンソンが作った負債を引き継いで、J・J・エイブラムスがどのように処理するのか……。自分だけではなくかなりの割合の人がこの視点を持って劇場に足を運んでいたと思う。

大人の事情という名の軌道修正の嵐はシリーズおなじみのナレーションから早速スタートする。PVとかでパルパティーンが復活するのは知っていた(全然追っかけてないから数日前に知った)が、ナレ死ならぬナレ復活って初めて見た。なんですか「死者の口が開いた」って……。多分本当はEP8で「アイム・ユア・グランドファザー!」してEP5のオマージュする予定だったんだろうなぁ。

Sponsored Link

「チューイが死んじゃった……」→「別のだったよ!輸送船!」→「でかした!」や、「ウェイファインダー、ベン君に壊されちゃったよ……」→「あったよ!ウェイファインダー!」→「でかした!」は本当に彼岸島感ある。軌道修正を行ったけど撮影した映像は使わなければならないみたいな制約他でそうなったのだろうことを考えると辛い。

「小娘を探して殺せ!」→「小娘を連れてこい!」→「ワシを殺して女帝パルパティーンになるのじゃ!」→「生命力ダブルでおいちい!やっぱワシ皇帝になる!」というパルパティーンおじいちゃんのライブ感凄い。そもそも息子という一番血のつながりが強い存在が早速善側の人間だったのに、もっと離れてる孫がシスになれるという見積もりも凄い。この人に関してはプリクエルでも割とこんな感じだったのでそんな違和感ないのも酷い。

まぁいろいろあったけど無難に終了したと思う。作中より現実のほうでハラハラするシリーズであったが何とか着地できたと思う。思う、のだがそれは私がスターウォーズのファンというわけでもなく、有名なシリーズだから見ておこうくらいの人間だからそれで終われるのだろう。熱心なファンほど今どんな心境なのか、察するにあまりある。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。