「漫画」カテゴリーアーカイブ

忍者と極道 – 近藤信輔

決めようか 『忍者』と『極道』 何方(どちら)が生存(いき)るか、死滅(くたば)るか!

『現代版甲賀忍法帖+プリキュア』……という言葉で説明していいのか困る漫画。

昔「なんでもやり過ぎるのがチャンピオンの漫画。エイケンはエロとかなんとか言われてるけどあれは『おっぱいに関してやり過ぎてる』から由緒正しい秋田書店の漫画なんだ」という意見を聞いてこれ以上無いくらい深く首肯したことがあるんだけど、本作からもそんな印象を受ける。

秋田書店はやっぱ偉大(パネ)ェや……。えっ、講談社……?

続きを読む 忍者と極道 – 近藤信輔

宝石の国 – 市川春子

フォスフォフィライト
おまえの仕事がやっと決まったよ

鬼!悪魔!市川春子!月刊アフタヌーンが発売する度に読者の「これ以上酷い展開にはならないだろう」という希望を打ち砕き、苦しみの底を毎月更新し続ける地獄のボジョレー・ヌーボー。主人公フォスフォフィライトを襲う余りにも非情な展開の数々で、曇らせ隊からすらも笑顔が消えた。

続きを読む 宝石の国 – 市川春子

ふたごわずらい 全2巻 – 桜野いつき

? どうして?
私たちの間には誰も入ってこれないよ?
だって双子だもん

麻紀ちゃん先生、労災だろ!?「百合にはやっぱり迷惑な女がいなきゃ!」と言いたくなる作品。姉に病的に執着する妹と、その妹から逃れて他の女に縋ろうとする姉の迷惑な双子姉妹が周りに迷惑を掛けていく話。ほら!もう読みたくなったでしょ?(←最悪の紹介)

続きを読む ふたごわずらい 全2巻 – 桜野いつき

きたない君がいちばんかわいい – まにお

通称「きたかわ」。第1巻の表紙を見た瞬間に「あれ?これ2~3巻あたりでこうなるよね?」「タイトルの『君』って多分さぁ……」って理解(ワカ)る人はもう全くその通りなので、こんな記事読んでないでレジ行ってください。

本記事(に限らず本サイトの記事)はネタバレ感想なのでご覧になる方はそのつもりで。

続きを読む きたない君がいちばんかわいい – まにお

君のことが大大大大大好きな100人の彼女 – 原作:中村力斗 作画:野澤ゆき子

通称「100カノ」。ハーレム漫画の体裁を取った狂気のギャグ漫画であり「ヤングジャンプのボボボーボ・ボーボボ」とまで呼ばれる。「ハーレム」という男の下世話な夢も突き抜けてしまえば「不可能への挑戦」である。

続きを読む 君のことが大大大大大好きな100人の彼女 – 原作:中村力斗 作画:野澤ゆき子

バットマン:ザ・ラスト・エピソード – ニール・ゲイマン

シリーズ再スタートを契機として描かれた『バットマンの最終回』で、原題は『Batman: Whatever Happened to the Caped Crusader?』。もっとも長い歴史を持つヒーローの一人であるバットマンにふさわしい最終回として、幻想文学作家としても著名なニール・ゲイマンが出した答えとは?

続きを読む バットマン:ザ・ラスト・エピソード – ニール・ゲイマン

私のジャンルに「神」がいます – 真田つづる

2020年6月~11月にかけてTwitter上で盛大にバズった、同人誌を巡る女性の悲喜交々エピソード漫画が書籍化。同人に関わる読者を悶絶させる切り口のエピソードもさることながら、今後の同人界で共有されるであろう「おけけパワー中島(おけパ中島)」という概念を産みだしたことで一つのマイルストーンと言える作品である。

続きを読む 私のジャンルに「神」がいます – 真田つづる

夢の端々 – 須藤佑実

令和から戦後までの70年間の期間をもって二人の女性の人生を追っていく作品。「数十年単位の長い年月を掛けた関係性」という誰もが一度は書きたくなるようなテーマを戦後の日本を舞台に描くとき、それが「一緒に『いなかった』長い年月」として結実する描写に脱帽する。

百合というジャンルが「女性と女性の間にある関係・感情」を広く扱う言葉であるのなら、本作のような作品をもってジャンルが大きな可能性を持つことの証明としたい。

続きを読む 夢の端々 – 須藤佑実