やがて君になる 公式コミックアンソロジー

Facebook にシェア
Pocket

人気百合漫画『やがて君になる』の公式アンソロジー。市場の小さい百合作品でありながら異例のヒットを飛ばした本作品、アニメ版がファンの不安を覆す高品質、スピンオフ小説(記事)に業界定番の作家を連れてきて、このアンソロジーでも有名作家をゾロゾロ揃えて、電撃も作品を大事にしていることがビンビンに伝わってくる。

電撃大王で連載中、2018年の秋アニメも話題の「やがて君になる」に公式コミックアンソロジーが登場!いずれも「やが君」が好きな実力派作家たちが、それぞれの”特別”を描きます。 – 角川書店

色々なアンソロジーあるが、この作品ほど二次創作るの難しいだろうなって作品も無い。ハイコンテクストでとにかく隙が無くて話作りにくいからか作者と編集がしっかり監修しているようで奥付のタチ先生のコメントで編集チェックあったことが書いてあったり、ファンタジー方面に引っ張って本編に影響ないようにしてるなぁと見受けられる話もいくつかある。

集めてきたメンバーがまたそうそうたる人選で人気連載に関わっている人ばっかりで、そうでない人も「これ描ける人に代表作品もったいないなぁ」って感じの人を連れてきていて感心である。結局今回も一番気に入ったのはエクレア(記事)と同じく結川カズノ先生だったんだけど、表紙のイラスト見た時点で「この人が佐伯沙弥香先輩の話描くのに花京院の魂賭けるぜ」って感じだったが直球で当たっていて吹いた(自分がそうだからなんだけど、佐伯先輩が「刺さる」人って滅茶苦茶わかりやすい)。相変わらず隠喩表現が素敵な作品である。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。