FLIP-FLAP – とよ田みのる


おそらく世界でただ一つのピンボールを題材にした漫画。ハイスコアを出すための孤独な戦いとなりそうな題材であるが、青春漫画的な作りからか明るい作風である。同じゲームを通じて人が集まるゲーセン文化を肯定的に描いているのも良い。

Sponsored Link

大人気コメディ「ラブロマ」のとよ田みのる待望の新作は世界初?のピンボール・ラブコメ全1巻!!!絵に描いたように「フツー」な深町くんは、高校最後の日にあこがれの山田さんに告白! 付き合うために彼女が出した条件は「ピンボールのハイスコア」を超えること!!深町くんの厳しくも険しいピンボール道が始まった!!! – 講談社コミックプラス

Nintendo Switchのストアで「スマッシュブラザーズSPECIAL」を買おうとしたのにうっかり手が滑って「PEACH BALL閃乱カグラ」を購入してしまった人たちの集まるスレにいたとき、「ピンボールを題材に作品作ってくれるところがあるだけ今時貴重だ。漫画だとFLIP-FLAPしか知らない」みたいなコメントしている人がいて興味を持って読んでみた。

好きな女の子のために○○にハマり込んでしまうという王道の展開でピンボールにのめり込んでしまう深町君の物語である。深町君本人も自嘲しているが、大学時代の青春をピンボールに賭けてええんかと思わずにいられない。意中の相手である山田さんは口が「~~~」って感じの子(なんじゃそりゃって思われそうだが読むと分かる)でなんでこれモテてるんだと思ったが、要はオタサーの姫だと分かって納得した。オタサーの姫のためにピンボールに熱中するって書くとなんか破滅的なようにも思えるが、読むうちに深町君に感情移入していって、終盤いい感じになる山田さんに「今深町君は大事な時期なんだから邪魔しないで!」ってなる(後方彼女面)。

Sponsored Link

THE『普通』から出発した深町君は才能が覚醒して行くとこまで行ってしまうのだが、ピンボールを題材にした漫画が(多分)これしかないことに納得がいくくらいに孤独な世界だ。自分はレースゲームで0.1秒を縮める為に頑張る、みたいなのが全然出来ない人間なのだが、そういうのを極められるのがこういう人なんだろうな。

ところで読み終わって疑問に思うのだが、結局UFOさんの正体は誰だったんだろう。一番可能性が高いのは店長なんだけど、メタ的にあんまりしっくりこないような……。終盤の描写的に、誰かと特定する意味の無い象徴的な存在なんだろうか。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。