百合姫の単行本未収録読み切り漫画


世界唯一の百合専門雑誌『百合姫』に掲載された読み切りで、単行本には未収録の為その号を読む以外に閲覧手段が無い作品の感想をまとめた。対象期間は電子書籍化した2017年1月号以降で、新しいものから順番に古くなるようにしている。

ネタバレ感想なので気にする方は注意して読むこと。

Sponsored Link

作品毎の感想

くわばらたもつ – お前に聴かせたい歌がある

「これ埋めるの手伝って欲しくて」「埋め??……今から?」「今から」「…中身は?」「私の死体」

2019年12月号掲載。百合厨、死体を一緒に埋める共犯者好きすぎ問題……。この話本当にエモい。エモ過ぎる。かつては情熱を持っていたが今はうだつの上がらない趣味ミュージシャンの主人公(30歳独身女性)のところに一緒にバンドをやっている一回り年下の娘がやってきて……というところから始まって冒頭で引用したシーンへ。

百合とか恋愛とはまた別にテーマが有る作品はやっぱり好きだ。本作品の内容は確実にいろんな方面の人に「刺さる」と思う。なんかこういうこと書くと百合が薄いような印象を持たれそうだがとんでもない話で、やよさんの締まりの無い顔の奥にある「くすぶり」を見続けていたふみちゃんの胸中を思うと苦しくなる。

一番最後のページの「絵」というか構図って「青年漫画とかで見る奴だろこれ……」と思わずにいられない。百合姫でこういうのが見られるなんて……。

さかなや – 蔓日々草

あ そっか エリの一番は もう 私じゃないんだ

2019年5月号掲載。幼馴染みの女性二人のうち片方が結婚することになったというエピソードで、読み切りという短い尺の中で二人の歩んできた年月が感じられるのが凄い。

私、二人の絆を描いて、二人の道がこれから分かれていくことを描いて、その二人の最初のエピソードで締めるの好き!「しあわせになれよぉ」で既にしんどいのに、ラストで追い打ち掛けてくるから困る。読んだ後はタイトルの蔓日々草 (ツルニチニチソウ)の花言葉も調べて見よう!

さかなや先生、ウェブ上では「さかな」名義らしくご本人を見つけるのに若干難儀した(取りあえずTwitterアカウントpixivアカウントは見つけた)。Amazonとかで「さかな」「さかなや」で探しても案の定料理関係しか出てこないんですが、実は単行本に収録されていたらすみません。

Sponsored Link

のちむゆ – わたしのこい

あ みじめだ みじめだなわたし 何やってんだろ

やだなあこんな私 彩花に迷惑かけて うれしいんだ

2019年2月号掲載。半分保健室登校状態の無気力女子高生である美愛が唯一学校で興味を持てるのは幼馴染の彩花だけ。そんな彩花にある日……。

皆さんもご存じだと思うんですけど、女の子の自己嫌悪って文学じゃないですか?ダメな自分を嫌悪してダメなまま終わってしまう話いいよね……。冒頭で引用したシーンは言葉を失いましたよ。

先にこれを読んでいたので、すれ違い巨大感情百合アンソロジー(記事)のトップバッターでのちむゆ先生が来たとき「ああぁ……」ってなった。そっちはもっと救いが無い。

土室圭 – 白紙の彼方

どこかで何かが劇的に変わる 変わってしまうと思っていたけれど 思った以上に私の日常は強固なものだった

2017年4月号掲載。これ読んだとき「マジですげえ人が来たぞ……」と思ったが、編集部もそう思っていたのか同年12月号から『徒然日和』が始まり、絶賛連載中なのはこのページを読んでいる人ならご存じのことだろう。最初から漫画家として完成されている感が凄いんだが元々何されてた方なんだろうか?

田舎の女子高生の日常を丁寧に描いた『徒然日和』とはまた違った作家性を感じる作品。人生の節目の一つが過ぎて色々あったけど人生はこれからも続いていくよ、という青年誌的ともいえる描写が個人的には百合描写よりも印象に残る。百合漫画という紹介をしなくても広く受け入れられそうな内容だ。

ちなみに土室先生、当時は『じょい』というペンネームだったようだ。さすがにシンプルすぎて検索するの大変だから、編集に作家としての名前付けろって言われたんだろうか。絵が上手い人ほど名前の検索性低い傾向あるんだよな……。

終わりに

見てみると全部恋愛が上手くいかない話で自分の好きな傾向が丸わかりで笑ってしまう。個人的な好み抜いてもそういう話の方が短編では印象に残るんだよな。連載でそういうオチにするのは勇気が要るしさ。

余談ながら一迅社は電子書籍セールの度に昔の百合姫が格安になるセールをやっているので、その時期を見計らって購入するのが一応お勧めである。なんにせよ電子書籍ですぐに追えるのは良い時代になったもんです。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。