「2017年」タグアーカイブ

ゴースト・イン・ザ・シェル (攻殻機動隊ハリウッド実写版)

士郎正宗のSF漫画のハリウッド実写版。今までに何度もメディアミックスがあったが実写映画はこれが初となる。原作とアニメはサイバーパンクのエポックメイキング的な作品だったが、そのエッセンスは生かされず、よくあるハリウッド映画になってしまった。

続きを読む ゴースト・イン・ザ・シェル (攻殻機動隊ハリウッド実写版)

閃乱カグラ Peach Beach Splash

爆乳ハイパーバトルという直球の欲情を1mmも隠していないシリーズの6作品目。今までは戦国無双みたいなアクションゲームだったが、今回はTPSゲームになっている。

エロを楽しむついでにお気楽マルチプレイTPSとしても楽しもうと思っていたが、案の定というかバランスが悪いしおバカな作風に反して思いのほかガチガチに強化している人が多いので、結局オンラインはあまり参戦しなかった。

続きを読む 閃乱カグラ Peach Beach Splash

けものフレンズ

2017年冬期アニメの最大ヒット作はなんだろう?宣伝の数が引くぐらい多かった『バンドリ』だろうか?ガンダムブランドの『鉄血のオルフェンズ』だろうか?どちらも違う。

今期の最大ヒット作は間違いなく、誰も事前には成功すると思っていなかった『けものフレンズ』である。インターネット・ミームとの親和性、考察に耐える作りこみの両軸で大きく評価された。

続きを読む けものフレンズ

螺旋のエンペロイダー Spin4 – 上遠野浩平

ブギーポップ・シリーズ(だけってわけでもないが)のスピンオフ連載小説第三弾「螺旋のエンペロイダー」の完結巻。『ビートのディシプリン』『ヴァルプルギスの後悔』と同様に全4巻での終了となる。

続きを読む 螺旋のエンペロイダー Spin4 – 上遠野浩平

虐殺器官

プロデビューから2年程度で逝去するも、残した作品が高く評価されたSF作家、伊藤計劃の処女作のアニメ化。

テロに対する恐怖によって過剰なまでの監視社会になった先進国が平和になっていくのに対し、途上国では内戦が激化している近未来世界。虐殺の起きる国に共通して一人の男が関わっていることを突き止めた米政府は、米情報軍に勤める主人公クラヴィスにその男ジョン・ポールを捜索する任務を与える。

続きを読む 虐殺器官

ニューダンガンロンパV3

本来一発ネタみたいな作品だったのに人気が出て、とうとう(番外編を含めると)4作目まで来てしまった推理ADV。早めにやらないとネタバレを食らうので、発売日に購入してとにかくどんどん先に進めて終了した。

本ブログの文章は基本的にネタバレ有りなのだが、この作品は特にその辺が重要なので、何かの間違いで知らないのにこのページに来てしまった方は以下の文章を読むことはお勧めしない。

続きを読む ニューダンガンロンパV3