「書籍」カテゴリーアーカイブ

屍者の帝国 – 伊藤計劃, 円城塔

2015年10月に映画化した作品。故人となった伊藤計劃の設定を受け継いで円城塔が完成させたという経緯があり、更に古典フィクションのキャラが登場するパスティーシュでもある、という珍しい作品である。

続きを読む 屍者の帝国 – 伊藤計劃, 円城塔

高慢と偏見(下) – ジェーン・オースティン 光文社古典新訳文庫

予想に反して面白かった英古典文学。当時のイギリスの貴族文化が当時の人間の視点で冷静に語られていて、現代人から見るとなかなか興味深い。

続きを読む 高慢と偏見(下) – ジェーン・オースティン 光文社古典新訳文庫

メタルギア ソリッド ピースウォーカー – 野島一人

2015年9月2日に人気ゲーム、メタルギアシリーズの最新作メタルギアソリッド5 ファントムペインが発売される。

私はシリーズをMGS1~3までしかやっておらず、4においては小説版で済ませている。したがって次に出る5の前作であるピースウォーカーについてだけ話を知らない状態である。このミッシングを埋めるために慌てて読んだわけだ。

続きを読む メタルギア ソリッド ピースウォーカー – 野島一人